2019年に寄付金控除を受けるために必要なこと

お役立ち

2019年も約2カ月となりました。ポケットサポートの活動を応援くださっている、支援者の皆さんのご協力で活動の幅を少しずつ広げることができています。今回は、支援者の皆さんに大切なお知らせがあります。最後までご覧いただき、ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。

寄付金控除(確定申告による税制優遇)について

ポケットサポートは岡山市より認定を受けた認定NPO法人です。日本全国に約50,000法人あるNPO法人の内、約2%のみが認定NPO法人を取得しています。

認定NPO法人となった団体には、高い公益性が求められるだけなく、法令順守した適正な組織運営が求められます。また、情報開示を徹底し、高い透明性を示すことが求められます。ポケットサポートでは、一般財団法人非営利組織評価センターによる評価も受けており、岡山県で初めて「グッドガバナンス認証マーク」を取得しています。(認証マークはこちら

認定NPO法人として認められることで、寄付者の皆さんにもメリットがあり、ポケットサポートへの賛助会費(年間3,000円~)や寄付金(年間2,000円以上)において、確定申告による税制優遇(寄付金控除)で所得税や住民税を控除することが可能です。

確定申告で寄付金控除するためには?

寄附金税額控除等の適用を受けるための手続き

①所得税の寄附金控除と、②市県民税の寄附金税額控除の両方(①②)の適用を受けようとする場合には、税務署に所得税の確定申告書を提出する必要があります。

申告書の提出の際には、寄附金の受け入れを行う法人等(認定NPO法人ポケットサポート等)が発行する寄附金の受領証など、寄附金を受領した旨を証明する書類の添付又は提示が必要となります。 なお、所得税の確定申告書を提出した場合は、市民税・県民税申告書の提出は必要ありません。

ポケットサポートでは寄付者全員(賛助会員を含む)に、寄付金受領日の翌月中旬ごろに「寄付金受領証明書」を【証明書在中】と記載されている青色封筒にて郵送しております。翌年2月頃の確定申告時まで大切に保管をお願いします。

ポケットサポートからの「寄付金受領証明書」発行について

認定NPO法人ポケットサポートへご寄付いただいたすべての方(個人・法人)に発行しています。領収証(寄付金受領証明書)は、ポケットサポートの銀行口座等に領収を確認した日付の翌月末までに郵送いたします。(受領日付はお申込日ではなく、各決済代行会社からポケットサポートに入金された日付となります。)

年末(12月)のご寄付の場合は、翌年に繰り越される場合がございますので、ご注意ください。

【2019年】いつまでに寄付をすれば間に合うの?

ポケットサポートへの入金方法により寄付金受領日が異なりますので、余裕をもって手続きをお願いします。クレジットカード、銀行振込(郵便払込取扱票を含む)、現金、amazonほしい物リストからの寄付を受け付けております。

現金による支払いは事務局スタッフまでお渡し頂ければ、その場で領収書を発行し、後日、寄付金受領証明書を郵送させて頂きます。

amazonほしい物リストに掲載されている商品の現物寄付に関しては、12月27日までにポケットサポート事務所に到着受付分を締め切りとさせていただきます。12月28日以降に到着した場合は、翌年1月の受領分として処理をすることになりますのでご注意ください。

まとめ

①クレジットカードによる寄付  >> こちらをクリック

②賛助会員入会申込(年3,000円~) >> こちらをクリック

③amazonほしい物リスト現物寄付 >> こちらをクリック

今回は支援者の皆様に大切なお知らせとお願いをまとめました。クレジットカードやamazonほしい物リストによる寄付など、様々な寄付方法をご用意しています。ポケットサポートの活動は皆様の温かいご支援で運営することができています。1,000円からの寄付でも大切に使わせて頂き、病気を抱える子どもたちの学習・復学・自立支援活動を通じて、子どもたちの未来につながります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。