コラム

コラム

学校現場の先生に知っておいてほしい小児がんの基礎知識

日本では年間に約2,000~2,300人もの子どもたちが小児がんと診断されています。決して少ないとは言えない小児がん患者の数を考えると、学校でも小児がんへの理解や支援が必要になってくるでしょう。 本記事では、学校現場の先生方に向けて、小児が...
コラム

病気療養児の復学後の学校生活で注意するべき5つのこと

病気療養児の復学後、彼らの周りの人々は、学校生活でどんなことに注意したら良いのでしょうか? 本記事では、病気療養児が復学後に注意すべき5つのことや実例をご紹介します。病気療養児をサポートする際の参考にしていただけると幸いです。 病気療養児の...
コラム

病院内にある学校「院内学級」って何?なぜ必要とされているのか

病気療養中でも子どもたちが平等に学ぶ権利を保障するために院内学級があります。「院内学級」には、入院中でも子どもたちが子どもらしく勉強したり、友達と遊んだり、交流するなど、たくさんのメリットがあります。 本記事では、その院内学級の存在意義や課...
コラム

病気療養児に関わる保健室の先生の役割とは

小学校や中学校などに在籍している保健室の先生(養護教諭)は、ただ保健室を運営するだけでなく、子どもや教員の心のケアから関係機関との連携など、想像以上に幅広い業務をこなしています。 特に、特別な配慮が必要になる病気療養児は、保健室の先生と関わ...
コラム

病気のことを学校の友達にどう伝える?家族で考える伝え方の3つのポイント

病気のことを学校の友達に伝えることは、子どもたちにとって大きな課題の一つです。どう伝えるかは、病気の状態や友達との関係によっても変わってくるでしょう。 特に、思春期の友達関係は感情が不安定で、他者とのつながりが複雑なものとなりがちなため、自...
コラム

病気療養児や難病児を支えるソーシャルワーカーとは?役割や支援場面をまとめました

病気を抱える子どもの相談は誰にすればよいのでしょうか。 病院の先生?それとも学校の先生? 実は社会福祉の専門職である「ソーシャルワーカー」は、病気療養児や難病児、医療的ケア児についての相談にも乗ってくれるのです。ソーシャルワーカーは相談に乗...
コラム

入院治療中の子どもたちが抱える6つの不安と悩み

入院治療中の子どもの不安や悩みをご両親が理解することは、子どもの心の安定に不可欠です。そこでこの記事では、入院中の子どもの不安と悩みの正体を明らかにしていきます。 子どもは「不安を理解してもらえた」と実感することで両親をより一層信頼できるよ...
コラム

病気療養する児童生徒の学びを保障する遠隔教育とは

病気で学校に行けない子どもたちがいます。しかし、子どもたちの学びは止まってはいけないものです。 遠隔教育が病気と闘っている子どもたちの支え方の一つかもしれません。この記事では、病気療養児が直面する課題から、遠隔教育がどのように病気療養児の学...