小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の報告書完成・好事例に掲載されました

コラム

厚生労働省の「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業」の科研事業「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の発展に資する研究」に代表理事の三好祐也も携わっています。ポケットサポートが委託を受けている「岡山市小児慢性特定疾病児童等相互交流支援」の元の事業になります。

小児慢性特定疾病児童等自立支援事業って何??

2020年度はその区切りの年として、研究班で作成した事例集等、4冊が完成しました。
その中の「自立支援事業の先進事例・好事例等に関する情報収集・分析」にポケットサポートが実施をしている【同世代の子ども同士や療養経験のある 支援員・ボランティアとの交流機会 ピアサポート】の事業内容を好事例として取り上げていただき、写真付きで掲載されました!

https://www.m.ehime-u.ac.jp/shouman/wp-content/uploads/2021/03/mokuji04s.pdf

今回、研究班で作成した冊子は以下の4冊です
保健所における小児慢性特定疾病児童等相談支援等好事例集
きょうだい児支援取組事例集
小児慢性特定疾病児童等自立支援事業取組資料集
慢性疾患児の自立支援のための就園に向けたガイドブック

その他、2021年2月11日(木)にオンラインで開催された、研究班の成果報告会資料もアップロードされていますので、保健所等で慢性疾患の子どもたちに携わる方をはじめ、関心のある方はご覧いただければ幸いです。
見方については(研究班について → 研究成果など → 成果報告会・令和2年度プログラム)
※プログラム内の青字をクリックしてください。