「支える、支えられる、支え合う」病気を抱えていても自分らしくいられるように(三好祐也)

お知らせ

この度、中学生を対象にした学習入門シリーズ『岩波ジュニアスタートブックス』~支える、支えられる、支え合う~の一つの事例として、認定NPO法人ポケットサポートが取り組んでいる【病気の子どもたちの教育支援活動】について代表理事 三好祐也が執筆しました。2021年11月27日に発売されますので、全国各地の書店やamazonなどのネットショップで購入することができます。

※amazonでは2021年11月27日に発売です。

病気を抱えていても自分らしくいられるように

主に小児がんや心臓病などの病気を抱える小学生から高校生を対象に行っているポケットサポートの学習・復学支援や、交流支援、ピアサポート相談などの取り組みや当事者の気持ちを、読み手となる中学生でもイメージしやすいように分かりやすい表現でまとめています。

何で自分だけ?

入院している子どもたちが勉強できるように

みんなと一緒に勉強したい

退院してからも支援が必要

友達が車いすを押してくれた

友達とのつながりが大切

「伝える努力」と「休む勇気」

出版社(岩波書店)からの書籍紹介

あなたの周りに誰かの助けを必要としている人はいますか?

あなたは困ったことがあったら周りにSOSを出すことはできますか?

サヘル・ローズさんが自らの体験をたどりながら、他者を思いやり、寄り添うことの大切さを伝えます。森山誉恵さん、慎泰俊さん、三好祐也さん、ブローハン聡さんなど、10代の居場所づくり、病気の子どもの教育など様々な支援に携わる方々の活動も紹介します。