小児慢性特定疾病のある子どもたちの交流&座談会を開催しました

活動記録

2023年12月3日(日)に岡山県生涯学習センターにて小児がんや心臓病、ネフローゼ症候群、脳腫瘍で長期療養を経験した10~20代の若者が集まって交流するイベントを開催しました。

当日はチラシに掲載している4名の当事者ゲストと、大学生ボランティアと一緒に自己紹介からスタートして、4人程度のグループに分かれた後、テーマに合わせた座談会形式の会話が始まりました。

イベントの後半では、参加者同士の仲間づくりを目的としたボード&カードゲームでのコミュニケーションを行いました。各テーブルごとに、好きなゲームを選んで時間いっぱいまで楽しむ様子が見られました。

当日、初めて顔合わせをする参加者同士もいましたが、自己紹介などのアイスブレイクを取り入れることで少しずつ自分の病気や治療のこと、将来への不安や悩みを話せる場になっていきました。

対面での配慮や声掛けの方法は、参加した大学生ボランティアにとっても今後の就職先で活かせるスキルやノウハウにつながってくれると期待しています。

今回のイベントは、令和5年度 岡山市市民活動支援金により開催することができました。

岡山県内の保健所等を通じてイベント広報チラシ配布にご協力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。

お役立ち情報を無料でお送りするメールマガジン

病気やけがを理由に長期欠席している子どもたちは全国に約4.6万人います。そんな子どもたちとご家族に支援を届けるために、あなたも応援団としてご協力をお願いします。
まずは、簡単に登録できるメールマガジンを通じて活動の様子や子どもたちからの喜びの声を聴いてみませんか。

活動記録
SNSでシェアする
ポケサポ「未来への希望」ブログ